カテゴリー別アーカイブ: 施工事例

豊島区 和室改修工事

ご依頼がありましたので、現場調査へ行ってきました。

ご家族の介護の為、使われていない和室に介護ベットが置けるようにしたいとご要望でした。

お客様と打ち合わせをし、

床はタイルカーペット貼り、天井壁はクロス貼り、廻縁と木扉押入は塗装することになりました。

2月から工事がはじまりますが、お客様が在宅での工事になりますので感染対策をしっかりして進めていきたいと思います。

 

港区 オフィスビル改修工事②

港区 オフィスビル改修工事


塗装工事です。

まずは壁にヒビが入っているので補修します。補修をして塗装です。

窓周りの塗装は既存に色をあわせて塗っていきます。

職人さんが現場で調色をしてくれました。

そして、建具の塗装です。こちらも既存に合わせて塗ってもらいました。

港区 オフィスビル改修工事

オフィスビルの事務室1フロアの工事です。

原状回復工事なので設置されていたパーティションの解体や天井材の交換をします。

これから塗装工事、その後はタイルカーペット交換をしていきます。

緊急事態宣言が再発令されましたが、検温・手指消毒やマスク着用を徹底して工事を行っていきます。

千代田区 オフィスビル エレベーターホール塗装工事

お休みの間に施工しました工事のご紹介です。

オフィスビルなどは、平日人の出入りが多い為休みの日に施工させてもらうこともあります。

今回は年末年始のお休みを使い1日工事で行いました。

 

施工前です。

壁や扉、枠に汚れや傷がついています。白い扉なので汚れが目立ちますね。

色は既存のものに合わせる為、職人さんが色を混ぜて調色して作ってくれます。

施工後です。

工事前の汚れがわからなくなり、きれいになりました。

綺麗になったオフィスで、気持ちよく仕事初めができますね。

大田区 浴槽タイル工事

今回は寮の浴場タイル工事です。

前回の投稿を見ていただくと、お風呂の工法についてかいてありますので一読してみてください。

お風呂の在来工法とユニットバス工法

 

工事前の浴槽です。劣化などが激しく色が変色しています。

今回は既存のタイルの上から新しいタイルを上張りして、きれいにしていきます。

下地調整など済ませて、浴槽内側から張り付けていきます。

丸い形に合わせてカットもします。

浴槽底側や外側の立上りにも張り付けていきます。

タイルが貼り終わったら、シーリングをします。

完成です!

浴槽が白になったので清潔感もあり、とてもきれいになりました。

お風呂の在来工法とユニットバス工法

今回は浴室の工法にスポットを当てて、それぞれのメリットやデメリットなどご紹介したいと思います。

『在来工法』は昔ながらの作りをしたお風呂で、一軒家に採用されることが多いです。マンションでも築30年以上のところには『在来工法』のお風呂がつかわれていることもあります。『ユニットバス』はマンションやアパートに使われていることが多いです。 近年は一軒家のお家でも『ユニットバス』を採用されているお家も多いです。

在来工法とは

在来工法は昔ながらの作り方で、枠組みをして浴室を作っていきます

メリット:タイルや浴槽など好きなデザインが選べ、浴室の形や大きさも自由に決められます。浴槽をヒノキや大理石で造作したりすることも可能です。

デメリット:密閉性が低いため冬は寒く、目地材の劣化による水漏れなどが起きやすいです。工期も長くかかるので費用もかかります。

 

ユニットバス工法とは

ユニットバスはあらかじめ工場で作られたパーツを現場で組み立てて作ります。

メリット:工期は在来工法より短く(1~2日で終わることもあります)、組み立てて作るのでつなぎ目が少なく水漏れの心配も少ないです。工期が短い分、費用も安く済みます。

デメリット:在来工法に比べデザインの自由度は低く、取り付け箇所によっては狭くなってしまったりすることもあります。

 

それぞれにメリット、デメリットがありますので、弊社ではお客様のご希望や現場をみたうえで、より良いご提案をさせていただきたいと思っております。

これから浴室のリフォームをお考えのお客様のご参考になれば幸いです。

文京区 戸建て天井張替工事②

文京区 戸建て天井張替工事


クロス貼りにするか、現状と同じような目透かし天井にするか

両方のご提案をさせていただいていましたが、

現状と同じようにしてほしいとご要望がありましたのでそちらの案での工事となりました。

 

目透かし天井は和風天井の一種で、天井板の継ぎ目をぴったり合わさないで、板と板の継目の間に少し隙間をとって張ります。

今回は南海プライウッドの目透かし天井材を使用して行いました。

工事も1日かからず終わりましたので、お客様へのご負担も少なく行えたかと思います。

中央区 大規模外壁改修工事⑦

長かった工事もいよいよ足場解体を残すのみとなりました。

オフィスビルということで人通りもある為、入り口部分は休日に解体作業です。

上の方が解体されていくと、あっという間に作業が終わりました。

無事解体も終わり、2か月ぶりの建物姿です。

この後は検査をし、お客様へお引渡しとなります。

 

テナント様やご近隣の皆様へは2か月間ご不便をおかけしました。

何事もなく無事工事が終わりましたこと、ご協力感謝いたします。ありがとうございました。

中央区 大規模外壁改修工事⑥

中央区 大規模外壁改修工事

台風が近づいてきました

中央区 大規模外壁改修工事③

中央区 大規模外壁改修工事④

中央区 大規模外壁改修工事⑤


シール工事も終盤になったので、並行して洗浄工事が始まりました。

冬の洗浄作業は見ているだけで寒くなりますが、丁寧に作業して下さる職人さん方です。

中央区 大規模外壁改修工事⑤

中央区 大規模外壁改修工事

台風が近づいてきました

中央区 大規模外壁改修工事③

中央区 大規模外壁改修工事④


タイルも貼替え、シーリング工事です。

シーリングは地震などの揺れで起こる剥離や、日光の紫外線にあたり劣化によりひび割れなど生じてきます。

そこの隙間から雨水が入ってしまった場合、室内の雨漏れにつながる可能性がでてきます。

また、タイル裏に雨水が入り、タイルの剥離の危険性も高まります。

 

劣化してしまったシール材を撤去します。

シール材がはみ出ないように養生テープを貼っていきます。

 

プライマーを塗布し、シール材を注入します。

乾いたら養生を剥し、完了です。