カテゴリー別アーカイブ: マンション

千葉県千葉市 マンション共用階段 部分補修工事

マンションの共用階段の部分補修工事をしました。

階段の蹴込と踏面を部分的に貼替をすることになりました。

 

施工前です。ノンスリップが割れて、ガムテープで押さえています。

貼替をする箇所のみ剥がしていきます。

剥がし終わりました。剥した箇所へは接着剤を塗っていきます。

蹴込と踏面へシートを貼り付けていきます。

施工後です。部分補修の為若干の色の違いはあるものの気になるほどではありません。

大田区 アパート庇交換工事

アパートの外廊下についている庇が古くなったので交換工事をしました。

 

施工前です。

 

施工後です。

 

パッと見はわかりませんが、実際のものを見るとかなりきれいになりました。

雨の多くなる梅雨時期への準備はばっちりですね!

お風呂の在来工法とユニットバス工法

今回は浴室の工法にスポットを当てて、それぞれのメリットやデメリットなどご紹介したいと思います。

『在来工法』は昔ながらの作りをしたお風呂で、一軒家に採用されることが多いです。マンションでも築30年以上のところには『在来工法』のお風呂がつかわれていることもあります。『ユニットバス』はマンションやアパートに使われていることが多いです。 近年は一軒家のお家でも『ユニットバス』を採用されているお家も多いです。

在来工法とは

在来工法は昔ながらの作り方で、枠組みをして浴室を作っていきます

メリット:タイルや浴槽など好きなデザインが選べ、浴室の形や大きさも自由に決められます。浴槽をヒノキや大理石で造作したりすることも可能です。

デメリット:密閉性が低いため冬は寒く、目地材の劣化による水漏れなどが起きやすいです。工期も長くかかるので費用もかかります。

 

ユニットバス工法とは

ユニットバスはあらかじめ工場で作られたパーツを現場で組み立てて作ります。

メリット:工期は在来工法より短く(1~2日で終わることもあります)、組み立てて作るのでつなぎ目が少なく水漏れの心配も少ないです。工期が短い分、費用も安く済みます。

デメリット:在来工法に比べデザインの自由度は低く、取り付け箇所によっては狭くなってしまったりすることもあります。

 

それぞれにメリット、デメリットがありますので、弊社ではお客様のご希望や現場をみたうえで、より良いご提案をさせていただきたいと思っております。

これから浴室のリフォームをお考えのお客様のご参考になれば幸いです。

大田区 マンションサッシ廻り漏水工事④

大田区 マンションサッシ廻り漏水工事

大田区 マンションサッシ廻り漏水工事②

大田区 マンションサッシ廻り漏水工事③


工事も終盤になり、散水調査をしました。

工事をして水漏れがないか改めてチェックをしています。

水漏れもないようなので、足場の解体をします。

無事足場解体作業も終わり、工事終了です。

大田区 マンションサッシ廻り漏水工事③

大田区 マンションサッシ廻り漏水工事②


サッシ廻りのシール工事も終わったので、

マンション外壁の撥水剤塗布工事を行っていきます。

 

撥水剤は、主に打ちっぱなしコンクリートなどを保護するために使われる塗布材です。

通常、外壁は塗装により雨や汚れから守ることができますが、

打ちっぱなしコンクリートは表面が塗料などで保護されていないので、雨が直接コンクリートに当たります。

なので、撥水剤を塗布してコンクリートの中や内部の鉄筋、ボルトなど劣化しやすい素材を雨水などの水分から守る塗装が行われます。

大田区 マンションサッシ廻り漏水工事②

大田区 マンションサッシ廻り漏水工事


今回はシール打替え作業をしました。

まずは施工前です。

まずはシールを剥して、プライマーを塗っていきます。

次にシール材を充填していきます。

充填したシール材をへらで均等に均します。

シール工事完了です。

大田区 マンションサッシ廻り漏水工事

先日よりマンションのサッシ廻り漏水工事が始まっています。

足場を組んでの作業になるので、道路使用許可・道路占用許可を申請してきました。

足場にのぼり、まずは散水調査からです。

 

散水調査は、水をかけて雨漏りの状況を再現した調査です。

雨漏りの原因はひび割れやコーキングの劣化、経年劣化など建物によってさまざまなので、

建物のどこから雨水が入り込んでしまっているのかを探る大事な作業です。

今回はこの窓のサッシ廻りのシールから漏水していることがわかりました。

これから、シールの打替え工事をやっていきます。

板橋区 マンションリフォーム工事

梅雨がやっと明けたら途端に猛烈な暑さとなり、コロナ対策のマスクや換気もしなくてはならず、今年の夏は例年以上に暑さが身にしみますね。

皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

弊社においても、新型コロナウイルスの影響によりリモートワークでの対応とさせていただいておりましたが、感染状況の経過を踏まえ、7月より営業再開とさせて頂いております。

今後は再度の感染拡大防止として時差出勤、リモートワークを併用して業務を行って参ります。

ご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。


今回お引越し前に一部リフォーム工事をご希望のお客様。

洋室のクロスとカーペットの貼替とキッチンと給湯器の交換、畳の表替えをしました。

 

洋室の施工前です。

全体的に汚れや剝れがある状態です。

キッチンの施工前です。

畳の施工前です。

板橋区 クロス貼替工事

板橋区 フローリング張替工事


フローリングも終わり、内装工事です。

洗面所の既存クロスはリーフ柄が貼ってありましたが、

お客様の要望で可愛いハリネズミ柄のクロスに貼替。

 

和室の襖も新しくしました。

以前の襖は何回張替えても、シミのような汚れが出てくるとお困りでした。

枠にヤニがしみ込んでいるのが原因ではないか。と業者さんから聞いたので、

新しく作り直すことにしました。

巾木の貼替です。

ソフト巾木を使用しました。

 

 

今回、職人さんはマスク着用で工事をさせて頂きました。ご協力ありがとうございます。

そして、1日も早く平穏な日に戻れます様、皆様も体調にはお気を付けくださいませ。

荒川区 マンションリフォーム工事

先日から始まったリフォーム工事のご紹介です。

 

まずは窓枠のシート工事です。

既存の窓枠はシート部分にしわが寄ってしまっています。

シートをきれいに剥し、新しいシートを貼りました。

日光が当たることによって劣化がしていくので、耐候性のあるものを貼りました。

洋室が1室だけカーペット敷きになっていましたので、そちらも貼替です。

既存カーペットを剥し、フェルトを敷いて施工します。

サンゲツ:サンマイルド MD55を使用です。

 

お客様がお住まいになられながらの工事でご不便をおかけしますが、

安全第一で残りの工事も進めていきたいと思います。