タグ別アーカイブ: 住宅改修

川口市 マンションクロス貼替工事

マンションの壁、天井のクロス貼替工事です。

今回使用したのは、サンゲツ:SP2852、SP2812です。

施工前

施工中(下地処理)

施工中(クロス貼り)

施工後

荒川区 マンション外壁改修工事②

足場を架けたので、まず外壁塗装やタイル部分の浮いたりひび割れなどしている箇所をマーキングしていきます。

渋谷区 マンション窓ガラス交換工事

窓ガラスにヒビが入ってしまったお客様からのご依頼で、窓ガラス交換工事を行いました。

飛散防止ガラスの為、欠けたりはありませんが大きくヒビが入っています。

既存のサッシはそのまま使用するので、ガラスのみ交換していきます。

サッシから丁寧にガラスを外し、新しいガラスをサッシに入れていきます。

サッシを組み立てたら、ガラスとサッシの接続部をコーキングします。

取付して完了です!

千葉県市川市 共用部床工事

集合住宅の共用廊下、階段の床工事を行うため現場調査へ行ってまいりました。

巾木や床材はだいぶ傷んでおり、階段についているノンスリップもテープで応急処置がされています。

安全第一、感染対策もしながら工事をはじめたいと思います。

『ヒートショック』を知っていますか?

『ヒートショック』という言葉を皆さんご存じでしょうか?

ヒートショックとは、急激な気温の変化によって血圧が大きく変動し、失神や心筋梗塞など血液の病気などを引き起こす現象のことを言います。

ヒートショックは急激な温度変化によって引き起こされるため、温度差が大きい場所ほど発生のリスクが高まります。

その為、冬場の浴室が一番起こりやすいのです。

寒い脱衣所で服を脱ぎ、寒い浴室へ。そこから、温かい湯舟へ浸かることにより、急激な温度差によってヒートショックが起こります。

そのまま浴槽で気を失い、最悪の場合溺れてしまうこともあるのです。

ヒートショックを防ぐには温度差を抑えるということが重要です。

リフォームでは脱衣室と浴室との温度差を抑えることが可能になります。

ユニットバスも各メーカーからヒートショック対策機能が工夫されています。

・TOTO ほっカラリ床

・クリナップ 床夏シャワー

・LIXIL 天井・壁・床[まるごと保温]

などがあります。

その他、ユニットバスを変えなくても脱衣室に暖房を設置するなどといった対策もできます。

(クリナップ:ホットウォール)

 

これから浴室や脱衣室のリフォームを検討するお客様はヒートショック対策も含めてのプランをご検討されることをおススメします!

墨田区 トイレリフォーム工事

トイレ内は狭い空間ですが、リビングなどよりアクセントクロスなどを使用しやすい場所になります。

今回のお客様とはアクセントクロスやダイノックシート、床材の色など打合せを重ねて工事をはじめました。

 

施工前

 

施工後

トイレ設備はTOTO。

紙巻器とタオル掛けはブラックをご希望でしたので、リクシルから選定しました。

床材はフロアタイル(リリカラ LH-81088)

クロス(サンゲツ SP2133)、アクセントクロス(サンゲツ FE6226)

ダイノックシート(3M PS-668) を使用しました。

豊島区 和室改修工事④

豊島区 和室改修工事

豊島区 和室改修工事②

豊島区 和室改修工事③


工事が終わりましたので、ビフォーアフターでご紹介です。

天井は目透かし天井からクロス貼りへ。廻縁もクロスと同色へ塗装しました。

元々襖紙だった押入はクロスに貼り替えました。

カーテンレールは撤去し、ロールスクリーンへ交換です。壁も砂壁からクロス貼りに。

真ん中の収納扉は塗装です。左の出入口扉はクロス貼りにしました。

床は畳を撤去しタイルカーペットにしました。

木目を残しつつも、全体的に白いお部屋になりとても明るくなりました。

工事後こちらのお部屋に介護ベットを置き、寝室として使用しているそうです。

「明るくなったお部屋でゆっくり過ごしている」とお客様からうれしいお言葉をいただきました。

豊島区 和室改修工事③

豊島区 和室改修工事

豊島区 和室改修工事②


前回の続きから、紹介したいと思います。

塗装が終わりましたのでクロス工事です。

天井と壁、入口の建具をクロス貼りしました。

クロス:サンゲツ SP9533

床はタイルカーペットを敷きました。

タイルカーペット:サンゲツ NT-801H

元々障子があったところには、ロールスクリーンを取り付けました。

元々日当たりの良いお部屋なので、とても明るいです。

ロールスクリーン:TOSO コルト